【施工相場を紹介中】インターホンの取り付けなら業者に任せよう

ニュース一覧

工事が不要の安いドアホン

男性

無線なので取り付けが簡単

インターホンはセキュリティを維持するための重要なパーツです。故障したり新機能付きのインターホンに変える場合、配線工事などを業者に頼むことになります。インターホンの場合、電気工事業者でないと配線工事ができないケースが多いのです。そのためインターホンそのものの値段よりも工事作業費の方が高くなることもあります。激安の製品が話題になっていますが、その多くは配線工事が必要のないワイヤレス方式のインターホンです。業者による工事が不要なので自分で取り付けができるため、激安なのです。特にネット通販を利用すると激安で購入することができます。しかも激安のインターホンでもモニター付きの製品があります。従来の呼び鈴を外して室外モニター付きの子機を設置し、室内にはディスプレイ付きの親機を設置するだけなので素人でも簡単に交換することができます。このような製品の多くは電源配線が必要なく、その代わり乾電池を使用します。訪問者が子機のボタンを押せば、カメラが撮影して室内のディスプレイに映し出されるので防犯機能が高くなります。激安のインターホンでも最低限このような機能があるので、従来の呼び鈴よりはるかに便利でセキュリティを強化できます。グレードを上げるなら、ワイヤレスでスマホに連動する製品などもあります。訪問者がボタンを押すと手持ちのスマホに映像が出るので、家の中のどこにいても聞き逃すことがなく便利です。これも配線工事不要なので、安く交換できます。

PICK UP

玄関

訪問者と通話する装置

インターホンは、店で商品、設置工事をセットで契約する方法と、それぞれ別々の店で行う方法に分かれます。前者は商品購入と工事契約が一度にすんだり、スタッフの助言を受けて商品を選べるメリットがあります。後者は、別々に比較検討できるため商品や業者の選択肢が多くなり、より割安ですませることも可能です。

作業員

玄関呼び鈴の設置

激安価格でインターホンを取り付けるなら、一般用に売られているホームセンターの商品をよく読んで、自宅に合った形か、今の素材で取り付けられるかを確認したり、スマートホンで写真を撮って、それを店員に見せて相談するという形をとる方法が、一番です。

家

事前に調べておくのが大事

インターホンを取り付ける時には直結式の物か電源コード付きの物かを確かめておくのが大事です。住んでいる場所によっては取り付ける事が出来ない種類もあります。取り付ける場所を玄関、もしくは門柱にするのかを事前に決めておくの忘れずに。

手

家の中の人を守る

家の玄関にインターホンがあると、それだけでセキュリティを高められるのでおすすめです。またインターホンは、専門業者の工事が必要になるタイプもありますが自分で取り付けられるタイプもあるので、購入する際には工事費用も含めて考えましょう。

Copyright© 2017 【施工相場を紹介中】インターホンの取り付けなら業者に任せよう All Rights Reserved.